うみちかバナー募集_20220111.png

自家製にこだわるハンバーガー【SUBURBAN GRILL/茅ヶ崎】



JR相模線の香川駅から少し歩くと『SUBURBAN GRILL(サバーバングリル)』に到着。ん?看板がもうひとつ『越善』とある。種明かしをすれば、昼はハンバーガー店、夜は居酒屋に変身する。


「父がここで20年以上居酒屋を営んでいて、店を建て替えるタイミングで、昼間はぼくがハンバーガー屋をやることになったんです。夕方5時から父の居酒屋が開店するので、バーガーを食べた後、続けてここで飲む方もいます(笑)」と店主の越石一貴さん。なんともまぁ、ユニークなダブル看板の店なのだ。



20歳のとき、1年かけて世界一周旅行をした越石さんは、どの国でもハンバーガーをよく食べたそうだ。

「当時は職業にするとはまったく思っていなかったけど、帰国後、働いたアメリカのハンバーガーチェーンの仕事がおもしろくて、興味が湧きました。その後、ベーカリーに入ってパン製造も学びました。だけどグルメバーガー店の厨房で働いた経験もないので、パティの仕込みからバンズづくりまで、ほとんどが独学。ぼく自身でつくり上げた味でやっていこうと店をはじめました」。

店をオープンする前、妻のかれんさんとNYやLAの有名店でハンバーガーを食べまくってきた。中でもブルックリンにある『ピーター・ルーガーステーキハウス』で食べたハンバーガーに大いに刺激を受けたそう。舌で感じたグッとくる経験が、オリジナルバーガーへの大きな助けになっているのだろう。



「どっしりと肉肉しいパティにしたいので、ステーキ肉の筋や脂身を丁寧に掃除し、1センチ角にチョップしたものを、挽き肉で包み込んでいます。パティがややヘビーな分、バンズはソフトでほんのり甘くして、バランスをとっています」。


 

おすすめの『チリチーズバーガー』は、パティの上にさらにチリミートが山盛り。このチリがまた絶品で、7種類の自家製スパイスに豚挽き肉、オクラとパプリカなど野菜もたっぷり入る。噛みしめるほどに、エスニックなスパイスの香りが口の中に複雑に絡まる。辛さをほどよくマイルドにするトッピングのアボカドもいい仕事ぶりだ。


 

残念ながら撮影日には品切れしていたけど、1週間かけて仕込む厚切り自家製ベーコン入りの『スモークベーコンチーズバーガー』がメニューにあったら、ぜひオーダーを。


「中心部から離れた場所にあるので、近所の方が気軽に寄れる店にしたかったんです。グルメバーガーは高いイメージですが、うちは700円からセットで食べられます。そのためにバンズを焼き、ベーコンを自家製でつくり、少しでも安く、うまいバーガーを!とがんばっています」。

  そんな越石さんの熱い思いを聞いて、ハンバーガーもう一個追加、お願いします!このまま居酒屋タイムまで居座っちゃおう(笑)。



#茅ヶ崎 #ハンバーガー #SUBURBANGRILL #hamburger #茅ヶ崎ランチ #サバーバングリル

----------------------------------------------------------------------

茅ヶ崎市香川4-49-18 11:00 ~ 17:00 月曜定休 P7台 

チリチーズバーガー+アボカド1,300 円、ベーコンエッグチーズバーガー1,100 円。すべてソフトドリンク、フライドポテト、ポップコーン付きのセット価格。+350円で生ビール(中)に変更できる。


*営業時間や料金、定休日などは変わっていることもあります。


《最新情報はこちらでご確認ください》

https://suburban-grill.com  



© うみちかLLP