うみちかバナー募集_20220111.png

ほんのり温かいローストビーフを箸で『小食堂みずき一丁目/茅ヶ崎』



茅ヶ崎の香川と言えば、熊澤酒造が有名だが、そのすぐそばの、わかりにくい場所にあるのが『小食堂みずき一丁目』だ。住宅地にこじんまりとあるので、はじめて行った人はたいてい迷う。料理は和食も洋食もあり、カテゴライズも困難だし、〇〇定食とカジュアルさをアピールしながら、実はコース仕立てだったり、いろいろとあやしい店なのだ。


「ひとりでやっているので、メインの料理を出すまで時間がかかります。お待たせしないよう、先に前菜とサラダを召し上がっていただけるコーススタイルにしたんです。ここまで来てくださったので、ゆっくり食事を楽しんで欲しいですからね」とオーナーシェフの成田智博さん。



定番の『若鶏のからあげ定食』や『もち豚のソテー定食』には、まず前菜の小鉢料理と寿司、近所の伊右衛門農園の旬の野菜がいろいろ入ったボリュームたっぷりのサラダが出てくる。それを食べ終わるころ、メイン料理とごはんと味噌汁が登場。食後にはコーヒーが付く。メニューの中でもとりわけ人気なのが『おまかせ定食』という、もやっとした名前の定食。しかしこれこそ、この店自慢のローストビーフのコースなのだ。 実は成田さんは、名店『ローストビーフの店 鎌倉山』で修業した料理人。当時はコックコートに身を包み、お客さんの前でうやうやしく大きなローストビーフをカットする、あの店ならではサービスも担当していたローストビーフの達人でもある。


「一般的にローストビーフというと、あらかじめ焼いておいたかたまり肉をスライスするもの、というイメージがあると思います。『鎌倉山』もそのやり方でした。でもウチは小さい店ですし、ブロックを焼くほどではないので、オーダーが入ってから肉を切り分け、調理するスタイルのローストビーフにしています。焼き立てのフレッシュなおいしさを味わっていただけますよ」。

牛肉は北海道や東北から取り寄せるA4ランクの黒毛和牛を使っている。ブロックから分厚いステーキ状に肉をカットし、フライパンで全体を焼いた後、オーブンでさらに加熱する。焼き上がったら、箸で食べられるよう、ひと口サイズに切り分けて出している。中心部まで火が通った断面は美しいピンク色。まだほんのり温かいローストビーフを本わさび、またはニンニクの効いた醤油ベースのソースで食べた瞬間の、あの至福といったらもう……。



ちなみにからあげ定食などより、お値段高めの『おまかせ定食』には、旬の魚のお造りもつくので、お酒を飲む方に喜ばれているとか。さらにこの上に『もっとおまかせ定食』と『もっと!もっと‼おまかせ定食』という豪華版もあるのだ。ローストビーフだけ食べたい人は単品をどうぞ。 「おかげで肉料理のイメージが強い店ですが、刺身や寿司、天ぷらなどの魚介の料理もあります。お客様は三代揃った家族連れも多く、全員違ったものを注文されると厨房は大変なんですが、幅広い年代の方に好きなものを食べてもらえるのが、うちの良さかな、と思っています」。



この店を目指す時は伊右衛門農園直売所前から点々とはじまる、あやしい赤字の『み』の看板を辿ること。その先にローストビーフがあります。





#茅ヶ崎 #洋食 #和食 #小食堂みずき一丁目 #定食 #ローストビーフ


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


茅ヶ崎市みずき1-1-10 11:30 ~ 13:30(L.O.)/ 17:30 ~ 20:30(L.O.)

月曜定休 ※祝日の場合は翌日 P5台




和牛のローストビーフ2,900 円、おまかせ定食3,500 円


*営業時間や料金、定休日などは変わっていることもあります。


《最新情報はこちらでご確認ください》

http://mizuki-1chome.com



© うみちかLLP