banner980_200.png

キリッと濃いめの豚角煮にごはんが進むよどこまでも【餃子房ふーが/秦野】

ふーがを訪れたときに、いつも決まって、おいしい焼き餃子や水餃子と一緒に注文するのが角煮丼だ。薄味の料理が多いこの店では珍しく、豚の角煮はしっかりした甘辛醤油八角風味で、まあごはんの減りが早いのなんの。


これは店主・太田桜さんの故郷である台湾の花蓮(ファーリェン)で、子どものころから慣れ親しんだ家庭の味だという。これくらい大ぶりな肉がのっている丼は、魯肉飯(ルーロウファン)ではなく控肉飯(コムロウファン)と呼ばれるそうだ。

「豚バラ肉がこってりしているから、ショウガをたっぷり使うのが、うちの特徴。味を染みこませるために、煮てから一晩置いて、翌朝に湯せんします。本当は湯せんとは違うんだけど、ちょうどいい日本語がないの。あのね、台湾には『蒸す』と『煮る』の間に、あとふたつくらい、日本語にできない動詞があるのよ(笑)」。


メニューには角煮を加えた餃子もあり、それと角煮丼を両方とも食べてしまう熱烈角煮マニアも多いとか。なるほど、次回はそれだな。




#伊勢原・海老名・秦野 #秦野 #東海大学前 #ふーが #餃子 #台湾料理

秦野市南矢名1丁目17-1 11:00~21:00 営業は火・木・土曜 P3台

角煮丼セット900円(スープ、泡菜、デザート付き)、単品は580円。角煮餃子420円、薬膳スープ餃子580円

  • 海の近く Facebook
  • 海の近く Twitter
  • 海の近く Instagram

#海の近く

Tel: 090-2645-6436  |  E-mail: umichika2016@gmail.com

 

© All rigths are reserved to うみちかLLP

無断転載禁止。当サイトに掲載している記事、写真、イラストなどを著作権者の承諾を得ずに転載、複写、ダウンロードなどの方法で利用することはできません。